飲酒運転

Driving Under Influence(DUI)

カリフォルニア州での飲酒運転

カリフォルニア州では、21 歳未満の人は、0.05% 以上の BAC で運転した場合、VC 23152(b) で有罪判決を受ける可能性があります。しかし、ほとんどの人が知らないのは、飲酒運転で逮捕された人は、ほとんどの場合、VC 23152(a) (a と b の両方) でも起訴されるということです。 「a」カウントは特定の BAC を指定しないため、これは重要です。言い換えれば、検察官があなたに「運転障害」があることを証明できれば、たとえBACが法定限度を下回っていても、飲酒運転で起訴され、有罪判決をうける可能性があるのです。

飲酒運転の有罪判決に対する罰則(V.C.§23152)

飲酒運転の罰則

執行猶予(3~5年)付きの最低・最高刑:

初犯

罰金$390~$1000とペナルティアセスメント(約3~4倍)、最長6ヶ月の禁固刑、3、6、9ヶ月のアルコールプログラムへの参加。裁判所の有罪判決により、DMVは、命じられたアルコールプログラムに応じて、6ヶ月または10ヶ月間免許を停止しますが、制限付き免許を要求することも可能です。さらに、ドライビングレコードに2ポイントが加点されます。

10年以内に2回目のDUI

罰金$390~$1000とペナルティアセスメント(約3~4倍)、最低4日、最高1年の郡刑務所への収監、18ヶ月のアルコールプログラムへの参加、最高3年間のインターロックデバイス(IID)設置義務。裁判所の有罪判決により、DMVは免許を2年間停止しますが、1年間はIIDによる制限付き免許を要求することができます。さらに、ドライビングレコードに2ポイントが加点されます。

10年以内に3回目のDUI

罰金$390~$1000のペナルティ加算(約3~4倍)、最低120日、最高1年の郡刑務所収監、18ヶ月のアルコールプログラム参加、最高3年間のインターロックデバイス(IID)の装着。裁判所の有罪判決により、DMVは3年間免許を取り消しますが、2年間はIIDによる制限付き免許を要求することができます。さらに、ドライビングレコードに2ポイントが加点されます。

10年以内に4回目のDUI

罰金$390~$1000のペナルティ加算(約3~4倍)、最低180日の郡刑務所収監、18ヶ月のアルコールプログラム参加、最高3年間のインターロック装置装着。裁判所の有罪判決により、DMVは4年間免許を取り消しますが、3年間はIIDによる制限付き免許を要求することができます。さらに、ドライビングレコードに2ポイントが加点されます。

罰則の種類

カリフォルニア州では、パブリックイントキシケーションで有罪判決を受けた場合、以下の罰則を受ける可能性があります:

罰金

基本罰金に4~5倍の倍率を加えた高額な罰金を科されることが多い。

禁固刑

禁固刑に処せられる軽犯罪/重罪であり、前科や傷害の程度に応じて期間が増加します。

免許停止

飲酒運転で逮捕されただけで、運転免許の効力に影響があります。裁判所とDMVが取る措置は重複していることがあり、対応が困難になる場合が多くあります。 

DUI プログラム

DUIで有罪判決を受けると、最低3ヶ月のアルコールプログラムへの出席が必要となります。また、運転許可を得るために、プログラムに参加する必要がある場合もあります。

 

イグニッションインターロック装置

IID装置は、車を始動させ、走行を継続させるために、アルコールを含まない呼気サンプルをランダムに要求します。DUI(飲酒運転)の有罪判決やDMVヒアリングでの不利な判決の後に必要とされることが多い。 

 

コミュニティサービス

刑の一部として、あるいは罰金支払いの代替として、命じられる/交渉されることがある。一般に、Community Laborよりも軽い労働で構成されるが、労働時間は長くなる。

 

コミュニティレイバー

Work Releaseとも呼ばれ、事故を伴うDUIで必要とされることが多く、刑務所の代わりになることもあります(8時間=1日刑務所)。例としては、高速道路でのゴミ拾いなどです。コミュニティサービスよりもハードな作業で構成されているが、時間は短い。

 

アンクルモニター

足首のブレスレットは、被告人が医療上の問題を抱えていたり、長い刑期によって雇用を失う可能性がある場合に、刑務所の代替として交渉されることがよくあります。装着者は出勤は許可されるが、一定時間までに帰宅しなければならない。この装置は、アルコールも検出することができます。

 

執行猶予

初版のDUIで有罪判決を受けた場合、強制執行猶予(Probation)期間は3年です。再犯の場合は、最高5年の執行猶予が課される。重罪でない限り、保護観察官は付かない。執行猶予中は、0.01% BAC で運転した場合でも、Probation違反や免停の対象となる。

 

アルコールDUI弁護戦略

児童危険+飲酒運転で有罪となる要素

1.口内アルコール – 呼吸器は液体ではなく空気を測定するように設計されています。お酒を飲むと、お酒が歯の間に詰まります。同様に、人がゲップをするとき、液体アルコールは唾液と混ざります。この種の口内アルコールは最小限に見えるかもしれませんが、唾液ではなく人の呼気中のアルコールを測定するように設計された呼吸装置にとっては、決して最小限ではありません。さらに悪いことに、警察官は飲酒検知器にできるだけ長く息を吹き込むよう要求することで知られている。トランペットを吹いたり、風船に息を吹き込んだことのある人なら、何かに強く息を吹き込むと何が起こるかご存知でしょう。唾液が吐き出されます。 DUIの場合、口内にアルコールが存在するため、測定されるBACは何倍も高くなる可能性があります。

2. BACの上昇 – BACは飲酒から数時間経過しても上昇し続けることがあります。例えば、11PMに最後の一杯を飲み、車で帰宅する時のBACが0.06%であっても、警察署で検査を受ける午前12AMには、0.09%以上を記録することがあります。つまり、検査結果は運転時のBACを反映していません。

3. アルコール吸収 – 法律では、息ではなく“血液の”アルコールに言及しています。息検査の問題点は、息を測定し、それを血中アルコール濃度に変換する点です。身体がまだアルコールを吸収しているときの息検査の結果は常に高く、時には3~5倍も高く表示されます。このプロセスは、数時間かかることがあります。

血液検査:

血液は直接測定され、呼気からの変換が必要ないため、血液検査は一般に呼気検査よりも正確です。ただし、Rising BAC 攻撃 (上記を参照) に対して脆弱であることに加えて、血液サンプルは適切に維持されていないことが多く、結果も同様に歪む可能性があります。以下の点を考慮してください。 1. 発酵 – 血液を採取してバイアルに入れた後、タイトル XVII では、抗凝固剤と防腐剤をバイアルに入れて振盪する必要があります。抗凝固剤は血液の凝固を防ぎ、防腐剤は発酵を防ぎます。これにより、酸っぱいミルクのように血液が悪くなり、アルコール含有量が増加します。問題は、飲酒運転事件で見つかった血液瓶のほとんどが、誰かが検査に着手するまでの数週間、警察署内で冷蔵されずに放置されていることだ。これは、法執行機関がタイトル XVII の要件に精通していないことが多く、バイアルの保管過程の文書化が不十分であるという事実と結びついています。これは、「汚染された」サンプルから得られた BAC が、腕から採取された日の同じサンプルの BAC よりもはるかに高い可能性があることを意味します。

飲酒運転チェックポイント:
DUI 検問所で逮捕された人のほとんどは、検問所自体の正当性を疑うことはありません。実際のところ、検問所は適切に設定および維持される必要があり、そうでない場合、停止(およびその後の飲酒運転逮捕)は違法になります。
たとえば、検問所は、市民の負担を上回る十分な飲酒運転逮捕をもたらす意味のある時間と場所に設置されなければなりません。さらに、ドライバーに事前に警告する標識を設置し、回避したいドライバーのための回避経路を設けなければなりません。
(被告が問題を提起した後)検問所が合法であったことを証明するのは州の責任です。弁護士が検問所に異議を申し立て、多くのケースでDUI起訴の却下に成功しております。検問所は絶対に合法だと思い込まないでください。

アルコールDUI の弁護

飲酒運転起訴における 効果的な弁護

1. 呼気検査への異議申立

体がまだアルコールを吸収しているとき、呼気検査機は"常に"高い値を示します。現実と測定値の食い違いを示すのは、弁護士次第です。

2. No Driving Defense

逮捕時、車両を操作していた証拠がない場合、弁護士は飲酒運転の罪の大前提に異議を唱えます。

3.違法な逮捕または停止

DUIによる停止または逮捕の合法性について異議を唱えることができます。あなたの権利が侵害された場合、DUI 却下につながります。

4.血中アルコール濃度の上昇

アルコール吸収率は、人種、性別、飲酒時間、飲酒量などによって異なります。私たちは、被告人の BAC が運転時と検査時の間に上昇した可能性を主張できます。

5.口中アルコール

呼気検査中にアルコールが胃から口の中に放出されることで、飲酒検知の結果に影響を及ぼす可能性のある腹鳴や胃酸逆流などの要因に注目し、論争点とします。

6.偏った路上飲酒テスト

フィールド・ソブリティ・テストの実施に際して、その妥当性を損なうようなバイアスや誤りがなかったかを検証します。

7. 呼気検査機の調整不備

使用した検査機のメンテナンスと調整記録を精査し、不適切に調整された機器による結果には異議を唱えます。

8.ミランダ警告なし

警官は、逮捕後の尋問時、ミランダ警告(黙秘権の告知)をしなければならない。実際に逮捕・手錠をかけた時間を特定し、それ以降のミランダのない供述を除外するようにします。

9.ブラッド・ファーメンテーション

血液バイアルに十分な防腐剤が含まれていない場合、血液が発酵し、BACの数値が高くなることがあります。

10.医学的条件

糖尿病、低血糖症、オートブルワリー症候群、GERD(胃酸逆流)などの特定の病状は、BAC測定値を誤って高くすることがあります。 

11. DUI検問所

DUIチェックポイントは、適切に設置され維持されていなければならず、違法に設置された検問所での DUI 逮捕は無効となる。

12.強制的な採血

連邦法では、同意がない限り、採血には令状が必要です。同意や令状がない場合は、血液検査の結果を除外することができます。

日本語でお気軽にご相談ください

24時間365日対応・初回相談1時間無料

DUI スペシャリスト

よくあるご質問

よくあるご質問

飲酒運転で、BACが法定値を超えてしまいました。有罪確定に思えますが、弁護士を雇う意味はあるのでしょうか?

まず第一に、BACが法定値を超えていることは出発点にすぎず、勝訴するすべての飲酒運転起訴には、法定限度額以上の人々が関与しています(または検査拒否のケース)。法定値を下回っていれば、検挙されることさえなかったでしょう。第二に、自分に罪があると感じているからといって、その結果の矢面に立たされる必要があるわけではありません。適切な弁護があれば、有罪か無罪かにかかわらず、禁固刑、免許停止、罰金、保護観察、アルコールスクールなどの罰則を回避または軽減することが可能です。。

弁護士に依頼すれば、裁判所に出廷する必要がなくなる可能性はありますか?

はい、軽犯罪の DUI 起訴の場合、全裁判過程で、弁護士は被告人抜きで代理として出廷することができます。DMVでは、被告人の証言が必要な場合、あなたは電話で証言することができます。法廷での署名が必要な書類は、弁護士が郵送し、公証人の前で署名してもらうことができます。必要な書類はすべて弁護士から郵送してもらうことができます。

警察から、ある事件について連絡するようにとの手紙や音声メッセージが届きました。どうすればよいですか?

あなた自身が警察に連絡することは絶対に避けなければなりません。ほとんどの場合、この種の手紙は、告発するための証拠が十分ではないときに送られ、ご自身で有罪を証言させることを望んでいます。必ず最初に弁護士に連絡し、必要であれば弁護士を通してのみ話をするようにしてください。

DUIで逮捕されました。SR-22は必要ですか?

SR-22は "Proof of Insurance "の別名です。DUIで有罪になった場合に限り、保険会社は3年間これを提出する必要があります。

カリフォルニアのPUBLIC INTOXICATION弁護士Jeff Yeh

DUI スペシャリスト

チャイルドエンデンジャーメントで起訴された場合、すぐに専門家に相談することが極めて重要です。私は、刑事弁護士として、多くの子どもへの危険容疑事件を扱い、専門知識を活かして依頼者様を弁護してきました。まずはお気軽にお電話ください。(213) 446 – 2495

%

懲役免除成功率

DUI弁護経験数