SERVICES専門分野

“DUIスペシャリスト”とは長年の経験とノウハウを培った
DUIに特化した弁護士です

18年間、数多くのDUI弁護、陪審裁判、リサーチを通してDUIにおける勝利を追求してきました。DUIに関するあらゆる問題を抱えている方々のお力になります。

裁判を有利にするための情報を精査します
私たちは、DUI事件弁護に特化して作られた質問表(日本語で記載)を各依頼者様にお渡し、弁護士が時間をかけて事件背景を分析します。そうすることで、弁護士は裁判所や DMVに出向く前に、依頼者様の観点から今必要なことをすべて把握することができます。
日本語サポート体制
英語が母国語でなく、他の言語で聞きたい/話したい場合、法廷や DMV で希望する言語の通訳がいるかどうか、常に確認します。また弊所には日本人スタッフも在籍しているので、日本語でご相談できます。
陪審員裁判はお任せ下さい
実は、ほとんどの弁護士は、陪審裁判をしたことがありません。弁護士が陪審裁判を行う準備と経験と能力を持っていない限り、検察官にハッタリをかまされ、良い結果が得られなくなることが多いのです。
いつでも"直接"弁護士に相談可能
勤務時間外も、常に対応しております。留守番電話だけで対応するわけではありません。弁護士が直接電話、メール、メッセンジャー、LINE...などで、タイムリーに対応します。
<strong>飲酒運転</strong>

飲酒運転

カリフォルニア州では、21歳以上の者が0.08%以上のアルコール濃度“BAC”(21歳未満は0.05%)で運転した場合、州法V.C. 23152(b) にて、有罪になることがあります。DUIで逮捕された人は、ほとんどの場合、V.C. 23152(a) でも起訴されます。これはBACの数値に関係なくDUI有罪となる可能性があり、とても重要なポイントです。
ドラッグ<strong> DUI</strong>

ドラッグ DUI

薬物(合法・違法問わず)が関与している場合、検察は通常V.C. 23152(a)で起訴しますが、これは特定の濃度レベルを指定するものではなく、運転の能力に「障害がある」ことを意味します。障害とは、運転が下手、歩行が不安定、眼振、路上飲酒テスト(FST)での結果が悪い、などといったことで立証されます。
重罪<strong> DUI</strong>

重罪 DUI

カリフォルニア州では、2つのパターンでDUIの重罪に問われる可能性があります。1つ目は、10年以内に4回目のDUIをした場合。2つ目は、重罪が妥当とされる程に被害が大きい場合です(たとえ初犯のDUIであっても)。軽犯罪と重罪の基本的な違いは、重罪の場合、1年以上服役する可能性があるということです。
DMV<strong> ヒアリング</strong>

DMV ヒアリング

カリフォルニアでは、飲酒運転で検挙された場合、裁判所とは別に、DMVでのプロセスがすぐに始まります。逮捕と同時に免許証は没収され、30日間有効の臨時運転許可証(ピンクの紙)が渡されます。10日以内(週末を含む)にDMVにヒアリングを申請しない限り、30日間を超えて運転することはできません。
<strong>あて逃げ</strong> / <strong>ひき逃げ</strong>

あて逃げ / ひき逃げ

あて逃げ/ひき逃げの容疑を伴う場合。残念ながら、DUIで逮捕された人は通常、過失のある当事者とみなされ、そうでないことを証明するのは弁護士次第となります。さらに、検察はあて逃げ/ひき逃げをDUIの加重事由として見なす。また、傷害を伴う場合、初犯であっても重罪の可能性が高くなります。検察は賠償を請求するでしょう。
<strong>児童への危険</strong>

児童への危険

DUIの際に未成年者が車にいる場合、検察はチャイルドエンデンジャーメントで追加の刑事告発をすることができます。これは重罪になる可能性があります。同乗者が14歳未満の場合、検察はあなたのDUI起訴に強化を追加(Enhancement to your DUI charge)ができ、有罪となった場合、懲役刑が課せられます。
<strong>公共の場における飲酒</strong>

公共の場における飲酒

P.C. 647(f)は軽犯罪(Misdemeanor)として起訴されますが、単独で起訴された場合、法廷では違反カレンダーで扱われることが多くあります。酔った状態で歩道上または地下鉄駅構内で眠っている場合が多いです。車の運転をしているわけではないので、AAクラス(Alcoholics Anonymous Class)を受ける代わりに不起訴とする交渉を、弁護士は検察官や裁判官と司法取引することができます。ですので、弁護士に相談する前に、有罪を認めたり(Plea Guilty)しないことは重要です。
 <strong>逮捕への抵抗</strong>

逮捕への抵抗

刑法148条は、公務を行う保安官や救急隊員に故意に抵抗、遅延、妨害することを軽犯罪と定めています。手錠をかけようとする警察官ともみ合いになることや尋問の際、虚偽の情報(偽名など)を当局に提供することなどが該当します。逮捕への抵抗(Resisting Arrest)で有罪となった場合、郡刑務所で1年以下の懲役および1000ドル以下の罰金で処罰されます。被告人が故意に行動していない事、誤って告発された/正当な理由なく逮捕されたという事を証明する事で弁護が有利になります。
 <strong>犯罪記録の抹消</strong>

犯罪記録の抹消

DUIの大半は、軽犯罪として起訴されます。つまり、保護観察期間(3年〜5年)が終了すると、有罪判決を無効とし、記録に残す「エクスパンジメント」をすることができます。重罪のDUIで有罪判決を受けた場合、執行猶予期間終了時に、まず重罪を軽犯罪に引き下げるよう裁判所に請願する必要があります。エクスパンジメントがされると、犯罪記録に「前科」が残らなくなります(ただし、DMVの記録にはDUIの前歴やDMVヒアリングでの不利な判決が残る場合があります)。

弊社の料金は常に合理的であり、提供されるサービスを公正に反映しています。

非現実的なほど低い初期費用や、隠れた料金を後から追加請求することはありません。(陪審裁判のみ追加費用あり)その代わりに、あなたのケースについて詳しくお話を伺い、仕事を成し遂げるための適正で妥当な料金をご提示します。

The Law Office of “The DUI Specialist” Jeff Yeh is proud to serve clients in all of Los Angeles, Ventura, Orange, San Diego, Riverside, and San Bernardino counties. The firm handles DUI and criminal cases in Torrance, Long Beach, South Bay, Downey, San Fernando, Santa Monica, Westminster, Santa Ana, Newport Beach, Hawthorne, Fullerton, Laguna Niguel, Alhambra, Hollywood, Yorba Linda, Redondo Beach, Manhattan Beach, Burbank, Pasadena, Santa Clarita, Valencia, Newhall, Whittier, West Covina, Calabasas, Garden Grove, Tustin, Foutain Valley, Anaheim, Inglewood, Buena Park, Cerritos, Lakewood, Los Alamitos, Bellflower, Norwalk, Chino, Carson, Redondo Beach, Orange County, Los Angeles County, San Diego County, Ventura County, Riverside County, San Bernardino County, El Monte, Manhattan Beach, Gardena, Compton, South Gate, La Puente, Pomona, Costa Mesa, San Clemente, Mission Viejo, Laguna Beach, San Pedro, Glendale, Beverly Hills, Culver City, Temple City, Westwood, Van Nuys, Woodland Hills, Encino, Sun Valley, La Canada, Altadena, Sierra Madre, Monrovia, Azuza, La Verne, Pomona, West Hollywood, Marina del Rey, Chatsworth, San Fernando, Orange, Placentia, La Crescenta, Corona, Bellflower, Rosemead, Montebello, San Dimas, Vernon, Monterey Park, San Gabriel, Diamond Bar, Sherman Oaks, Eagle Rock, Bel Air, Chino Hills, Brentwood, Simi Valley, Lancaster, Fontana, Riverside, Big Bear, Barstow, Indio, Murrieta, Blythe, and all other cities in Southern California.

The information on this Los Angeles DUI Defense Attorney‘s / Lawyer’s website is for general information purposes only. Nothing on this or associated pages, documents, comments, answers, emails, or other communications should be taken as legal advice for any individual case or situation. This information on this website is not intended to create, and receipt or viewing of this information does not constitute, an attorney-client relationship. The only way to establish an attorney-client relationship with a criminal defense attorney or DUI lawyer is to sign a written retainer agreement and comply with its terms. 

Copyright © Law Office of Jeff Yeh 2022