Public Intoxication公共の場での泥酔

Public Intoxication公共の場における酩酊

P.C. 647(f)は通常軽犯罪(Misdemeanor)として起訴されますが、単独で起訴された場合、法廷では違反カレンダーで扱われることが多くあります。酔った状態で歩道上または地下鉄駅構内で眠っている場合が多いです。車の運転をしているわけではないので、AAクラス(Alcoholics Anonymous Class)を受ける代わりに不起訴とする交渉を、弁護士は検察官や裁判官と司法取引することができます。ですので、弁護士に相談する前に、有罪を認めたり(Plea Guilty)しないことは重要です。

Public Intoxication Penaltiesパブリックイントキシケーションの罰則

刑法 P.C. §647(f)の有罪判決に対する罰則

公共の場での泥酔は、郡刑務所に最高6ヶ月、および/または最高$1000の罰金で処罰される犯罪です。

軽犯罪として、最大3年間の保護観察に置かれる可能性があります。

1年以内に3回有罪判決を受けた場合、郡刑務所で最低90日間服役するか、60日間のリハビリテーションプログラムに参加することが求められます。

ご相談窓口

Eメール
DUILAWYEH@GMAIL.COM

ジェフヨウ弁護士に直接相談する

パブリックイントキシケーションの弁護

Public Intoxication Defenses

刑法 P.C. §647(f) は、犯罪が公共の場で発生し、被告人が故意にアルコールおよび/または薬物の影響下にあったことを条件とします。したがって、あなたがホテルや他の私有地の敷地内にいる場合は、 “公共の場で “とはみなされません。同様に、何者かがあなたの飲み物に薬物を混ぜ、あなたが地面に倒れて歩道を妨害することになった場合、”故意”の要素が欠落します。

よくあるご質問

公共の場での泥酔は、犯罪歴に記載されますか?

はい。他の軽犯罪と同様に、公共の場での泥酔は前科となります。

公共の場での泥酔は、DMVに影響がありますか?

いいえ。DMVに影響しません。

公共の場での泥酔で警察署に連行された場合、逮捕・起訴されたことになりますか?

必ずしもそうとは限りません。警察は、あなたが酔いを覚ますと、特に初犯の場合、何の起訴もせずに釈放するかもしれません。その場合、警察は通常、あなたが逮捕されたのではなく、留置されただけであることを通知する手紙を送ります。

CONTACT LAW OFFICE OF JEFF YEH初回相談は無料です。

こんな相談してもいいの?という相談でも構いませんので、お困りの方は、お気軽に日本語でご相談ください。

問い合わせフォーム

    The Law Office of “The DUI Specialist” Jeff Yeh is proud to serve clients in all of Los Angeles, Ventura, Orange, San Diego, Riverside, and San Bernardino counties. The firm handles DUI and criminal cases in Torrance, Long Beach, South Bay, Downey, San Fernando, Santa Monica, Westminster, Santa Ana, Newport Beach, Hawthorne, Fullerton, Laguna Niguel, Alhambra, Hollywood, Yorba Linda, Redondo Beach, Manhattan Beach, Burbank, Pasadena, Santa Clarita, Valencia, Newhall, Whittier, West Covina, Calabasas, Garden Grove, Tustin, Foutain Valley, Anaheim, Inglewood, Buena Park, Cerritos, Lakewood, Los Alamitos, Bellflower, Norwalk, Chino, Carson, Redondo Beach, Orange County, Los Angeles County, San Diego County, Ventura County, Riverside County, San Bernardino County, El Monte, Manhattan Beach, Gardena, Compton, South Gate, La Puente, Pomona, Costa Mesa, San Clemente, Mission Viejo, Laguna Beach, San Pedro, Glendale, Beverly Hills, Culver City, Temple City, Westwood, Van Nuys, Woodland Hills, Encino, Sun Valley, La Canada, Altadena, Sierra Madre, Monrovia, Azuza, La Verne, Pomona, West Hollywood, Marina del Rey, Chatsworth, San Fernando, Orange, Placentia, La Crescenta, Corona, Bellflower, Rosemead, Montebello, San Dimas, Vernon, Monterey Park, San Gabriel, Diamond Bar, Sherman Oaks, Eagle Rock, Bel Air, Chino Hills, Brentwood, Simi Valley, Lancaster, Fontana, Riverside, Big Bear, Barstow, Indio, Murrieta, Blythe, and all other cities in Southern California.

    The information on this Los Angeles DUI Defense Attorney‘s / Lawyer’s website is for general information purposes only. Nothing on this or associated pages, documents, comments, answers, emails, or other communications should be taken as legal advice for any individual case or situation. This information on this website is not intended to create, and receipt or viewing of this information does not constitute, an attorney-client relationship. The only way to establish an attorney-client relationship with a criminal defense attorney or DUI lawyer is to sign a written retainer agreement and comply with its terms. 

    Copyright © Law Office of Jeff Yeh 2022