Hit and Runあて逃げ / ひき逃げ

Hit and Runあて逃げ / ひき逃げ

カリフォルニア州のDUI事件では、しばしばヒットアンドラン(あて逃げ/ひき逃げ)の容疑(該当する場合)を伴います。残念ながら、DUIの罪で逮捕された人は通常、過失のある当事者とみなされ、そうでないことを証明するのはあなたの弁護士次第となります。さらに、検察はあて逃げ/ひき逃げをDUIの加重事由として見なす。また、傷害を伴う場合、検察は初犯であってもDUIを重罪にする可能性が高くなります。いずれにせよ、検察はあなたやあなたの保険会社に賠償を要求するでしょう。

Hit & Run Realities ヒットアンドラン裁判の現実

多くの人が、警察にナンバープレートを知られるとゲームオーバーだと勘違いし、自白や不利な供述を始めてしまいます。現実には、犯罪に巻き込まれた車のナンバープレートを知っているだけで、誰かを有罪にできることはほとんどありません。実際、特に南カリフォルニアのような場所では、常に複数の人が一つの車を運転している可能性があります。合理的に疑いを証明するには、勘や推測以上のものが必要です。ですから、誰かが(例えば、車のオーナー、配偶者、ルームメイト、友人、家族など)話し始めない限り、当局は誰に対しても有効な証拠を持っていないかもしれません。

ご相談窓口

Eメール
DUILAWYEH@GMAIL.COM
ロサンゼルスオフィス
3810 Wilshire Blvd., Suite 2107, LA
営業時間
Mon-Sun: 8am – 8pm

よくあるご質問

あてにげ/ひきにげはDMVに影響しますか?

はい。DMVヒアリングは行われませんが、ヒットアンドランの有罪判決により、あなたのドライビングレコードに2点が加算され、これは他のもの(DUIによる点数など)の上に加算されることになります。

ヒット・アンド・ランは殺人罪になりえますか?

はい、特にヒット&ランが飲酒運転中に発生し、飲酒運転の前歴がありで、酔った状態での運転の危険性を知っているとみなされる場合。

あてにげ/ひきにげの被害に遭った場合でも、DUIで起訴されることがありますか?

はい。実際、ヒット・アンド・ランの現場に警察官がきて、両方のドライバーを飲酒運転で逮捕することがよくあります。

事故に関して、調査員に連絡するようにと、法執行機関から手紙が届きました。

このような手紙には絶対に返事をしてはいけません。あなたには黙秘権、つまり捜査官や警察官と話さない権利があります。あなたが何を言っても、それは後であなたに不利になるようにねじ曲げられて使用されることを忘れないでください。要するに、答えても何の得にもなりません。しかし、逮捕後に届く手紙の中には返事をしなければならないものもあります。このような手紙やボイスメールを受け取った場合は、早急に弁護士に相談してください。

CONTACT LAW OFFICE OF JEFF YEH初回相談は無料です。

こんな相談してもいいの?という相談でも構いませんので、お困りの方は、お気軽に日本語でご相談ください。

問い合わせフォーム

    The Law Office of “The DUI Specialist” Jeff Yeh is proud to serve clients in all of Los Angeles, Ventura, Orange, San Diego, Riverside, and San Bernardino counties. The firm handles DUI and criminal cases in Torrance, Long Beach, South Bay, Downey, San Fernando, Santa Monica, Westminster, Santa Ana, Newport Beach, Hawthorne, Fullerton, Laguna Niguel, Alhambra, Hollywood, Yorba Linda, Redondo Beach, Manhattan Beach, Burbank, Pasadena, Santa Clarita, Valencia, Newhall, Whittier, West Covina, Calabasas, Garden Grove, Tustin, Foutain Valley, Anaheim, Inglewood, Buena Park, Cerritos, Lakewood, Los Alamitos, Bellflower, Norwalk, Chino, Carson, Redondo Beach, Orange County, Los Angeles County, San Diego County, Ventura County, Riverside County, San Bernardino County, El Monte, Manhattan Beach, Gardena, Compton, South Gate, La Puente, Pomona, Costa Mesa, San Clemente, Mission Viejo, Laguna Beach, San Pedro, Glendale, Beverly Hills, Culver City, Temple City, Westwood, Van Nuys, Woodland Hills, Encino, Sun Valley, La Canada, Altadena, Sierra Madre, Monrovia, Azuza, La Verne, Pomona, West Hollywood, Marina del Rey, Chatsworth, San Fernando, Orange, Placentia, La Crescenta, Corona, Bellflower, Rosemead, Montebello, San Dimas, Vernon, Monterey Park, San Gabriel, Diamond Bar, Sherman Oaks, Eagle Rock, Bel Air, Chino Hills, Brentwood, Simi Valley, Lancaster, Fontana, Riverside, Big Bear, Barstow, Indio, Murrieta, Blythe, and all other cities in Southern California.

    The information on this Los Angeles DUI Defense Attorney‘s / Lawyer’s website is for general information purposes only. Nothing on this or associated pages, documents, comments, answers, emails, or other communications should be taken as legal advice for any individual case or situation. This information on this website is not intended to create, and receipt or viewing of this information does not constitute, an attorney-client relationship. The only way to establish an attorney-client relationship with a criminal defense attorney or DUI lawyer is to sign a written retainer agreement and comply with its terms. 

    Copyright © Law Office of Jeff Yeh 2022