Expungement犯罪記録の抹消

Clear your record前科の抹消

カリフォルニア州では、DUI(Driving Under the Influence)ケースの大半は、軽犯罪(Misdemeanors)として起訴されます。つまり、保護観察期間(3年から5年)が終了すると、有罪判決を無効とし、記録に残す「エクスパンジメント(Expungement)」をすることができます。重罪(Felony)のDUIで有罪判決を受けた場合、執行猶予期間終了時に、まず重罪を軽犯罪に引き下げるよう裁判所に請願する必要があります。エクスパンジメントがされると、犯罪記録に「前科」が残らなくなります(ただし、DMVの記録にはDUIの前歴やDMVヒアリングでの不利な判決が残る場合があります)。

Expungementエクスパンジメント

以前は、保護観察が終了したら、裁判所に嘆願書を提出することで、前科の抹消が可能でした。しかし2008年以降、新しい法律により、飲酒運転や特定の運転関連の犯罪記録の抹消がより困難になっています。飲酒運転の前科を抹消するための嘆願が許可されるかどうかは、裁判所の裁量となり、社会的利益、“interests of justice”が考慮される様になりました。

・犯罪の重大性

・賠償金(もしあれば)が支払い済かどうか。

・有罪判決後の運転記録。

・有罪判決を受けた年齢。

・今回が最初の犯罪歴抹消申請であるかどうか。

・申立人は商業運転手、ベビーシッター、パイロット、または犯罪歴の抹消により社会へ不利益をもたらす可能性のある職業に就いているかどうか。

・その他、請願許可または請願却下を正当化する、軽減・加重要因。

有能なDUI弁護士は、上記の項目について偽証罪に関する宣誓書を作成し、エクスパンジメント・ヒアリングであなたに代わってそれらをプレゼンします。

優秀なDUI弁護士が代理を務めることで、あなたのエクスパンジメント申請が許可される可能性が最も高くなることが保証されます。

よくあるご質問

DUIが抹消(エクスパンション)された場合、雇用主はその情報を見ることができますか?

通常はみえません。雇用主が司法省(DOJ)に身元調査を依頼すると、「前科」のみが明らかになります。DUIが抹消(expunged)された場合は、もはや前科とはみなされません。

エクスパンジメントに際して、クリミナルレコード「前科」とドライビングレコード「運転記録」は違いますか?

はい。エクスパンジメントは、犯罪記録のみを対象としています。従って、あなたの運転記録には、過去の飲酒運転による点数や、DMVヒアリングに負けたことが残っている可能性があります。

弁護士費用以外に、抹消登録にかかる費用はありますか?

はい、通常、裁判所に請願するために120ドルのエクスパンジメント手数料がかかります。

CONTACT LAW OFFICE OF JEFF YEH初回相談は無料です。

こんな相談してもいいの?という相談でも構いませんので、お困りの方は、お気軽に日本語でご相談ください。

問い合わせフォーム

    The Law Office of “The DUI Specialist” Jeff Yeh is proud to serve clients in all of Los Angeles, Ventura, Orange, San Diego, Riverside, and San Bernardino counties. The firm handles DUI and criminal cases in Torrance, Long Beach, South Bay, Downey, San Fernando, Santa Monica, Westminster, Santa Ana, Newport Beach, Hawthorne, Fullerton, Laguna Niguel, Alhambra, Hollywood, Yorba Linda, Redondo Beach, Manhattan Beach, Burbank, Pasadena, Santa Clarita, Valencia, Newhall, Whittier, West Covina, Calabasas, Garden Grove, Tustin, Foutain Valley, Anaheim, Inglewood, Buena Park, Cerritos, Lakewood, Los Alamitos, Bellflower, Norwalk, Chino, Carson, Redondo Beach, Orange County, Los Angeles County, San Diego County, Ventura County, Riverside County, San Bernardino County, El Monte, Manhattan Beach, Gardena, Compton, South Gate, La Puente, Pomona, Costa Mesa, San Clemente, Mission Viejo, Laguna Beach, San Pedro, Glendale, Beverly Hills, Culver City, Temple City, Westwood, Van Nuys, Woodland Hills, Encino, Sun Valley, La Canada, Altadena, Sierra Madre, Monrovia, Azuza, La Verne, Pomona, West Hollywood, Marina del Rey, Chatsworth, San Fernando, Orange, Placentia, La Crescenta, Corona, Bellflower, Rosemead, Montebello, San Dimas, Vernon, Monterey Park, San Gabriel, Diamond Bar, Sherman Oaks, Eagle Rock, Bel Air, Chino Hills, Brentwood, Simi Valley, Lancaster, Fontana, Riverside, Big Bear, Barstow, Indio, Murrieta, Blythe, and all other cities in Southern California.

    The information on this Los Angeles DUI Defense Attorney‘s / Lawyer’s website is for general information purposes only. Nothing on this or associated pages, documents, comments, answers, emails, or other communications should be taken as legal advice for any individual case or situation. This information on this website is not intended to create, and receipt or viewing of this information does not constitute, an attorney-client relationship. The only way to establish an attorney-client relationship with a criminal defense attorney or DUI lawyer is to sign a written retainer agreement and comply with its terms. 

    Copyright © Law Office of Jeff Yeh 2022