Drug DUIドラッグDUI

ドラッグ DUI / 薬物 DUI

薬物(合法・違法問わず)が関与している場合、検察は通常V.C. 23152(a)で起訴しますが、これは特定の濃度レベルを指定するものではなく、運転の目的で「障害がある」ことを意味します。障害とは、運転が下手、歩行が不安定、眼振、路上飲酒テスト(FST)での結果が悪い、などといったことで立証されます。

ドラッグDUIの罰則

ドラッグDUIの有罪判決に対する罰則(V.C.§23152)

執行猶予(3~5年)付きの最低・最高刑

初犯 罰金$390~$1000とペナルティアセスメント(約3~4倍)、最長6ヶ月の禁固刑、3、6、9ヶ月のアルコールプログラムへの参加。裁判所の有罪判決により、DMVは、命じられたアルコールプログラムに応じて、6ヶ月または10ヶ月間免許を停止しますが、制限付き免許を要求することも可能です。さらに、ドライビングレコードに2ポイントが加点されます。

10年以内の2回目のDUI 罰金$390~$1000とペナルティアセスメント(約3~4倍)、最低4日、最高1年の郡刑務所への収監、18ヶ月のアルコールプログラムへの参加、最高3年間のインターロックデバイス(
IID)設置義務。裁判所の有罪判決により、DMVは免許を2年間停止しますが、1年間はIIDによる制限付き免許を要求することができます。さらに、ドライビングレコードに2ポイントが加点されます。

10年以内の3回目のDUI 罰金$390~$1000のペナルティ加算(約3~4倍)、最低120日、最高1年の郡刑務所収監、18ヶ月のアルコールプログラム参加、最高3年間のインターロックデバイス(IID)の装着。裁判所の有罪判決により、DMVは3年間免許を取り消しますが、2年間はIIDによる制限付き免許を要求することができます。さらに、ドライビングレコードに2ポイントが加点されます。

10年以内の4回目のDUI 罰金$390~$1000のペナルティ加算(約3~4倍)、最低180日、最高1年の郡刑務所収監、18ヶ月のアルコールプログラム参加、最高3年間のインターロック装置装着。裁判所の有罪判決により、DMVは4年間免許を取り消しますが、3年間はIIDによる制限付き免許を要求することができます。さらに、ドライビングレコードに2ポイントが加点されます。

相談窓口

Eメール
DUILAWYEH@GMAIL.COM
ロサンゼルスオフィス
3810 Wilshire Blvd., Suite 2107, LA
営業時間
Mon-Sun: 8am – 8pm

DUIスペシャリストに相談下さい

ドラッグDUIにおける弁護

DON'T ASSUME YOU HAVE TO PLEAD GUILTY

運転時の血中アルコール濃度を指摘する飲酒運転とは異なり、ドラッグDUIではそのような数値は存在しない。その理由のひとつは、合法・非合法にかかわらず、世の中にはあまりにも多くの薬物があり、当局は、ある薬物が体内にどれだけあるのか、またその薬物を摂取した時間などを測定することが不得意なためである。

そのため、薬物のDUIは、腕利きのDUI弁護士にとって非常に弁護し甲斐のあるものであることが多いのです。検察官が最初のオファーを変更する気がないようにみえても、諦めずに主張を前面に押し出すことが弁護の大きなポイントになります。薬物を摂取した時間さえ証明できないのに、検察官がいかに弱い訴えをしているのは想像に難くありません。実際、マリファナなど一部の薬物は摂取後何日も体内に留まり、濃度レベルが立証されなければ、「薬物を摂取した」ことと運転能力の「障害」の間に合理的な関連性は認められません。

薬物の飲酒運転では、黙秘権を行使することが何よりも重要です。なぜなら、当局が証明できないことの多くは、あなた自身の発言によって証拠立てできるからです。例えば、警官は次のような質問をするように訓練されています。

“この薬をいつ飲んだのか?”

“どのくらい飲んだのか?”

“薬の効果を感じるか?”

また、警察官は、あなたの外見、態度、話し方、そしてもちろんフィールドソブリティーテスト”FST” のパフォーマンスについて、あらゆる種類の好ましくない観察所見を書くことで警察官にとって都合の良い記録を残します。これらのことは、科学的証拠が欠けているときに“impairment”「運転障害がある」という結論を検察官が立証するのに役立つからです。このような明らかに偏った観察事項について警察官を反対尋問するには、熟練のDUI弁護士が必要です。

よくあるご質問

薬物運転で逮捕されたばかりですが、お酒は飲んでいません。どうしたらいいですか?

薬物運転と飲酒運転の影響はほぼ同じですが(DMVの部分を除く)、薬物運転は、州が運転機能障害とみなす特定の血中濃度レベルがないため、立証が困難です。そのため、法廷で争うことがより重要になります。

ドラッグDUIで逮捕された場合、10日以内にDMVヒアリングをリクエストしなければいけませんか?

いいえ。DMVヒアリングは、DUIにアルコールが関与している場合のみ行われます。

薬物とアルコールの両方によるDUIで逮捕されたが、血中アルコール濃度(BAC)が0.08%未満だった場合、DMVヒアリングを要求する必要がありますか?

アルコールが関与している場合、DMV ヒアリングの対象となる BAC レベルは様々であるため、常に DMV ヒアリングをリクエストすることが無難です。例えば、21歳未満、またはDUIで服役中の場合、0.01%の数値でもDMVが介入する可能性があります。

アルコールが関与していないドラッグDUIで逮捕され、血液検査を拒否した場合、DMVの影響はあるのでしょうか?

DMVが介入する可能性があります。通常、何らかの拒否をした場合、DMVヒアリングをリクエストするための10日間のルールが発生します。しかし、拒否する前に簡易呼気検査(PAS)でBAC0.00%であることが示された場合、DMVヒアリングは必要ありません。しかし、逮捕から10日以内ではポリスレポートの内容を知ることができない可能性が高いので、DMVヒアリングをリクエストした方が無難です。

CONTACT LAW OFFICE OF JEFF YEH初回相談は無料です。

こんな相談してもいいの?という相談でも構いませんので、お困りの方は、お気軽に日本語でご相談ください。

問い合わせフォーム

    The Law Office of “The DUI Specialist” Jeff Yeh is proud to serve clients in all of Los Angeles, Ventura, Orange, San Diego, Riverside, and San Bernardino counties. The firm handles DUI and criminal cases in Torrance, Long Beach, South Bay, Downey, San Fernando, Santa Monica, Westminster, Santa Ana, Newport Beach, Hawthorne, Fullerton, Laguna Niguel, Alhambra, Hollywood, Yorba Linda, Redondo Beach, Manhattan Beach, Burbank, Pasadena, Santa Clarita, Valencia, Newhall, Whittier, West Covina, Calabasas, Garden Grove, Tustin, Foutain Valley, Anaheim, Inglewood, Buena Park, Cerritos, Lakewood, Los Alamitos, Bellflower, Norwalk, Chino, Carson, Redondo Beach, Orange County, Los Angeles County, San Diego County, Ventura County, Riverside County, San Bernardino County, El Monte, Manhattan Beach, Gardena, Compton, South Gate, La Puente, Pomona, Costa Mesa, San Clemente, Mission Viejo, Laguna Beach, San Pedro, Glendale, Beverly Hills, Culver City, Temple City, Westwood, Van Nuys, Woodland Hills, Encino, Sun Valley, La Canada, Altadena, Sierra Madre, Monrovia, Azuza, La Verne, Pomona, West Hollywood, Marina del Rey, Chatsworth, San Fernando, Orange, Placentia, La Crescenta, Corona, Bellflower, Rosemead, Montebello, San Dimas, Vernon, Monterey Park, San Gabriel, Diamond Bar, Sherman Oaks, Eagle Rock, Bel Air, Chino Hills, Brentwood, Simi Valley, Lancaster, Fontana, Riverside, Big Bear, Barstow, Indio, Murrieta, Blythe, and all other cities in Southern California.

    The information on this Los Angeles DUI Defense Attorney‘s / Lawyer’s website is for general information purposes only. Nothing on this or associated pages, documents, comments, answers, emails, or other communications should be taken as legal advice for any individual case or situation. This information on this website is not intended to create, and receipt or viewing of this information does not constitute, an attorney-client relationship. The only way to establish an attorney-client relationship with a criminal defense attorney or DUI lawyer is to sign a written retainer agreement and comply with its terms. 

    Copyright © Law Office of Jeff Yeh 2022