DMV HearingDMVヒアリング

DMV HearingDMVヒアリング

カリフォルニアでは、飲酒運転で検挙された場合、裁判所とは別に、DMVでのプロセスがすぐに始まります。逮捕と同時に免許証は没収され、30日間有効の仮免許証(Pink slip)が渡されます。10日以内(週末を含む)にDMVにヒアリングを申請しない限り、30日間を超えて運転することはできません。

DMVヒアリング

ヒアリングのリクエスト申請期間は10日間だけです

DUI逮捕後のDMV訴訟過程は、刑法の中でも最も複雑な分野の一つです。カリフォルニア州では、DUIで逮捕/送検された場合、裁判所で行われる刑事裁判プロセスと、DMVで行われる民事/行政プロセスの2つの別々のプロセスが行われます。BAC 0.08% 以上の疑いで逮捕された場合、あなたのカリフォルニア州運転免許証は警察の申し出により没収され、30 日間のみ有効なピンク色の臨時免許証が発行されます。このピンクの臨時免許証が渡されると、10日以内にDMVヒアリングを申請する権利の告知を受けたものとみなされます。あなたやあなたの弁護士が時間内にヒアリングを要求しない場合、あなたの運転免許証は、30日が経過した時点で免停にされます。

ピンクスリップは、あなたがどの飲酒運転の法令によって逮捕され、化学検査を拒否したかどうかに応じて、DMVヒアリングで論争点とされる項目を記載しています。項目はシンプルでわかりやすいように見えるかもしれませんが、実際にはそうではありません。

DMVヒアリングで勝訴することを、 “set aside ”といい、免停を免れることができます。DUIに強い弁護士は、勝訴に繋がる論争点を判読し、見出すことができます。DMVのプロセスは非常に技術的なものなので、素人目には些細に見える点が実は重要である場合があります。例えば、正当な停車理由説明書の下に、担当者の署名が適切に記載されているか?停車理由説明書が曖昧すぎないか?(例:「乱暴な運転」で車を停めた) 化学検査の結果はDMVによって認定されたか?認定された場合、その日付は?逮捕から3時間以内に検査が行われたか?など。

さらに、経験豊富なDUI弁護士は、事件の事実そのものとはほぼ関係のない手順により、DMVヒアリングで勝訴できるかもしれません。例えば、警察の報告書に不明瞭な点があった場合、弁護士は警察官を召喚するよう要求することができます。頻繁にあることですが、警官が現れなかった場合、それだけで “set aside”を獲得できる可能性があります。

最低でもDUI弁護士は、免停の延期を要求することができるので、DMVヒアリングの判決が出るまで、運転を続けるようにできる。DMVのプロセスは数ヶ月かかることがあるので、30日以上の運転許可手続きは重要です。

多くの人は、血液検査または呼気検査で BAC 0.08% 以上で告発された場合、DMV ヒアリングに負けるのは避けられないことだと誤解しています。さらに悪いことに、一部の人々(弁護士を含む)は、裁判での弁護だけで 十分だと思っているが、それは間違いです。実際、裁判の95%は、その結果にかかわらず、DMVヒアリングに影響を及ぼさない。たとえ裁判に勝ったとしても、DMVヒアリングに負けて、運転免許証を失い、自動車保険が2倍または解約される可能性があります。

飲酒運転の前科やDMVの不利な判決がある場合、現在のDMVの手続きに対抗することがより重要です。なぜなら、前科はヒアリング自体には関係ありませんが、負けた場合にはより厳しい処分を受ける可能性があるからです。

2008 年に新しい法律が制定されて以来、DMVプロセスはさらに複雑になっています。2009年1月1日より、DUIで執行猶予中の方が新たにDUIで逮捕/起訴された場合、2回に分けてDMVヒアリングを要求しなければならなくなりました!DUIスペシャリスト “ジェフ・イエ法律事務所に今すぐご連絡ください!あなたの免許を守り、DMVヒアリングで有能で効果的な代理人を得ることができます。

よくある質問

DMVヒアリングとは何ですか?

DMVヒアリングとは、DMVオフィス(刑事裁判所ではない)によって行われる行政審問です。DMVヒアリングでは、DUI逮捕によって運転免許証が停止されるかどうか審議されます。

DMVヒアリングでは何が行われますか?

カリフォルニア州のDMVヒアリングは、DMVDriver Safety Hearing Officerの前で行われます。DMVヒアリングでは、運転者は処分の法的根拠を通告され、DMVの証拠を確認し、異議を申し立てる機会が与えられます。また、DMVに対し、処分内容を修正または取り消すように主張するための証拠、証人、証言などを提出する機会も与えられます。通常は電話で行われ、最大1時間、それ以上かかる場合は別日に引き続き審問を行います。

DMVヒアリング申請期限(逮捕日から10日間)が過ぎてしまいました。運転免許は再取得できますか?

はい、再取得できる可能性はあります。DMVは、特に正当な理由がある場合には、遅れての申請を認めています。例えば、身柄を拘束されたままであったり、10日間のルールが記載されたピンクスリップ(30日間の運転許可証)が渡されなかったりする場合です。ただし、10日を過ぎれば過ぎるほど、遅延申請が認められる可能性は低くなります。

DMVヒアリングには負け、裁判で勝った場合、免停は取り消しになりますか?

通常は免停は取り消しになりますが、もし検査拒否を理由にDMVヒアリングに負けたのであれば、裁判で無罪になっても、免許停止処分が取り消しになるわけではありません。

DMVヒアリングには勝ち、裁判で負けた場合、免許証はどうなりますか?

裁判でDUIの有罪判決を受けた場合、DMVヒアリングの結果にかかわらず、その有罪判決に対する行政免停処分が執行されます。

CONTACT LAW OFFICE OF JEFF YEH初回相談は無料です。

こんな相談してもいいの?という相談でも構いませんので、お困りの方は、お気軽に日本語でご相談ください。

問い合わせフォーム

    The Law Office of “The DUI Specialist” Jeff Yeh is proud to serve clients in all of Los Angeles, Ventura, Orange, San Diego, Riverside, and San Bernardino counties. The firm handles DUI and criminal cases in Torrance, Long Beach, South Bay, Downey, San Fernando, Santa Monica, Westminster, Santa Ana, Newport Beach, Hawthorne, Fullerton, Laguna Niguel, Alhambra, Hollywood, Yorba Linda, Redondo Beach, Manhattan Beach, Burbank, Pasadena, Santa Clarita, Valencia, Newhall, Whittier, West Covina, Calabasas, Garden Grove, Tustin, Foutain Valley, Anaheim, Inglewood, Buena Park, Cerritos, Lakewood, Los Alamitos, Bellflower, Norwalk, Chino, Carson, Redondo Beach, Orange County, Los Angeles County, San Diego County, Ventura County, Riverside County, San Bernardino County, El Monte, Manhattan Beach, Gardena, Compton, South Gate, La Puente, Pomona, Costa Mesa, San Clemente, Mission Viejo, Laguna Beach, San Pedro, Glendale, Beverly Hills, Culver City, Temple City, Westwood, Van Nuys, Woodland Hills, Encino, Sun Valley, La Canada, Altadena, Sierra Madre, Monrovia, Azuza, La Verne, Pomona, West Hollywood, Marina del Rey, Chatsworth, San Fernando, Orange, Placentia, La Crescenta, Corona, Bellflower, Rosemead, Montebello, San Dimas, Vernon, Monterey Park, San Gabriel, Diamond Bar, Sherman Oaks, Eagle Rock, Bel Air, Chino Hills, Brentwood, Simi Valley, Lancaster, Fontana, Riverside, Big Bear, Barstow, Indio, Murrieta, Blythe, and all other cities in Southern California.

    The information on this Los Angeles DUI Defense Attorney‘s / Lawyer’s website is for general information purposes only. Nothing on this or associated pages, documents, comments, answers, emails, or other communications should be taken as legal advice for any individual case or situation. This information on this website is not intended to create, and receipt or viewing of this information does not constitute, an attorney-client relationship. The only way to establish an attorney-client relationship with a criminal defense attorney or DUI lawyer is to sign a written retainer agreement and comply with its terms. 

    Copyright © Law Office of Jeff Yeh 2022