Child Endangerment児童への危険

DUIの際に、未成年者が車にいる場合、検察官はチャイルドエンデンジャーメント(Child Endangerment)で追加の刑事告発をすることができます。(Additional charge)これは軽犯罪または重罪になる可能性があります。同乗者の子供が14歳未満であった場合、検察官はあなたのDUIチャージに強化を追加すること(Enhancement to your DUI charge)ができます。チャイルドエンデンジャーメントが伴うDUIで有罪になった場合、懲役刑が課せられます。

Child Endangerment Penaltiesチャイルドエンデンジャーメントの罰則

DUI裁判での有罪判決に対する罰則(車両法 V.C. §23152)

DUIチャージにチャイルド・エンデンジャーメントが強化申し立てとして付け加えられることが多くなっています。(同乗者が14歳以下であった場合)この場合、

初犯 最低48時間の郡刑務所

10年以内2回目DUI 最低10日の刑務所

10年以内3回目DUI 最低30日の刑務所

10年以内4回目DUI 最低90日の刑務所

ご相談窓口

Eメール
DUILAWYEH@GMAIL.COM
ロサンゼルスオフィス
3810 Wilshire Blvd., Suite 2107, LA
営業時間
Mon-Sun: 8am – 8pm

よくあるご質問

飲酒運転以外に、私が子供に実際に身体的危険をもたらしたことを検察官は証明しなければなりませんか?

いいえ。子供が車に乗っているときに飲酒運転で有罪判決を受けた場合、それだけで、「子供への危険」の証拠となります。

DUIで勝訴した場合、チャイルド・エンデンジャーメントの起訴は自動的に取り消されますか?

ほとんどの場合、取り消されます。それは、チャイルド・エンデンジャーメントがDUIの強化項目として訴状に記載されているか、それとも検察官が別件として起訴したかによります。後者の場合、DUIで無罪になっても、陪審員によってチャイルド・エンデンジャーメントの有罪判決を受ける可能性が理論的にはあります(ただし、実際には、これは極めて稀なことです)。

車に複数の子供が乗っていた場合はどうなりますか?

検察官は、車に乗っている子供1人につき1つの「チャイルド・エンデンジャーメント」の訴因(Count)を主張することができます。つまり、飲酒運転中に3人の子供を車に乗せた場合、3つの別々の訴因に直面する可能性があります。

CONTACT LAW OFFICE OF JEFF YEH初回相談は無料です。

こんな相談してもいいの?という相談でも構いませんので、お困りの方は、お気軽に日本語でご相談ください。

問い合わせフォーム

    The Law Office of “The DUI Specialist” Jeff Yeh is proud to serve clients in all of Los Angeles, Ventura, Orange, San Diego, Riverside, and San Bernardino counties. The firm handles DUI and criminal cases in Torrance, Long Beach, South Bay, Downey, San Fernando, Santa Monica, Westminster, Santa Ana, Newport Beach, Hawthorne, Fullerton, Laguna Niguel, Alhambra, Hollywood, Yorba Linda, Redondo Beach, Manhattan Beach, Burbank, Pasadena, Santa Clarita, Valencia, Newhall, Whittier, West Covina, Calabasas, Garden Grove, Tustin, Foutain Valley, Anaheim, Inglewood, Buena Park, Cerritos, Lakewood, Los Alamitos, Bellflower, Norwalk, Chino, Carson, Redondo Beach, Orange County, Los Angeles County, San Diego County, Ventura County, Riverside County, San Bernardino County, El Monte, Manhattan Beach, Gardena, Compton, South Gate, La Puente, Pomona, Costa Mesa, San Clemente, Mission Viejo, Laguna Beach, San Pedro, Glendale, Beverly Hills, Culver City, Temple City, Westwood, Van Nuys, Woodland Hills, Encino, Sun Valley, La Canada, Altadena, Sierra Madre, Monrovia, Azuza, La Verne, Pomona, West Hollywood, Marina del Rey, Chatsworth, San Fernando, Orange, Placentia, La Crescenta, Corona, Bellflower, Rosemead, Montebello, San Dimas, Vernon, Monterey Park, San Gabriel, Diamond Bar, Sherman Oaks, Eagle Rock, Bel Air, Chino Hills, Brentwood, Simi Valley, Lancaster, Fontana, Riverside, Big Bear, Barstow, Indio, Murrieta, Blythe, and all other cities in Southern California.

    The information on this Los Angeles DUI Defense Attorney‘s / Lawyer’s website is for general information purposes only. Nothing on this or associated pages, documents, comments, answers, emails, or other communications should be taken as legal advice for any individual case or situation. This information on this website is not intended to create, and receipt or viewing of this information does not constitute, an attorney-client relationship. The only way to establish an attorney-client relationship with a criminal defense attorney or DUI lawyer is to sign a written retainer agreement and comply with its terms. 

    Copyright © Law Office of Jeff Yeh 2022